どのようにしてBluetoothセンサーを接続するのですか。

以下は、BluetoothデバイスをiPhone 4S以降、またはAndroid OS 4.3以降で作動しBluetooth Smartの互換性を備えている全てのAndroidスマートフォンに接続する際の説明です。上記の条件を満たしていないデバイスは接続しません。

下記の説明では特に心拍数モニターの接続プロセスについて説明していますが、 以下のステップは、胸部の心拍ストラップのために電極を湿らせる部分以外は、他のセンサーにも当てはまります。 心拍数データやその他のセンサー情報付きでワークアウトをトラッキングすると、その情報はアプリやウェブサイト上でそのアクティビティのワークアウト概要に表示されます。

ステップ 1. 携帯電話のBluetoothを有効化する

デバイスの一般の「設定」からBluetoothに移動し、Bluetoothを「オン」に切り替えてください。この画面からペアリングを試みないでください。

ステップ 2. デバイスをペアリングモードにする

  • 胸部のストラップを使用する場合は、心拍数モニターについている楕円形のセンサーパッドを湿らせてください。 プラスティック製の心拍数送信器がちょうど胸骨の下に収まるようにして、心拍ストラップを装着してください。 女性なら、これはちょうどスポーツブラのすぐ下に当たります。 他のほとんどのBluetooth Smartセンサー接続では上記のステップは省かれますが、ペアリングモードにする必要はあります。
  • 多くの場合、センサーの電源を完全に切ってから電源を入れなおし、電源ボタンを長押しすることでセンサーをペアリングモードにすることができます。 ディスプレイやユーザーインターフェイスの付いた新しいタイプのセンサーなら、デバイスのメニュー自体からペアリングモードに入ったり、Bluetoothをオンにしたりするオプションがあることもあります。

ステップ 3. MapMyアプリを開けて、「UA同期」アイコンをタップする

ステップ 4. お使いのBluetoothセンサーを選択し、接続されるのを待ってください。 デバイスを選択すると、接続画面が表示されます。 「接続」をタップする前に、心拍ストラップが装着されているか、センサーパッドが湿っていて胸部に接触しているかを確かめてください。 接続が確立すると、現在の心拍数やデバイスが読み取っているその他の統計を表示画面で見ることができるようになります。

ステップ 5. 次に、Bluetooth Smartデバイスがアクティビティ中ずっと接続状態にあるように、また今後再度アプリを開けた時にも接続されているようにするため、自動接続をオンにしてください。 電池の寿命に影響はないはずですが、もし影響が出ることにお気付きの場合は、アプリ使用時だけこの機能をオンにするようにしてください。電池に関するトラブルシューティングのヒントもご参照ください。

ステップ 6. 心拍数が表示されたら、「ワークアウトのトラッキング」画面に戻り、「ワークアウトを開始」をタップしてください。心拍数や速度、ケイデンス等のセンサーアイコンで、デバイスが接続されているかどうかが分かります。 接続したい統計が見れない場合は、それらが表示されるように統計のカスタマイズを行ってください。

ステップ 7. ワークアウトを終了すると、接続したデバイスからの統計の平均を見ることができます。これらの数値の詳細な分析を行うには、MVPメンバーシップが必要です。

上記のヒントが役に立ちませんでしたか。当社のBluetoothトラブルシューティングのヘルプ記事をご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
46人中28人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk