動的なトレーニングプラン

MVPメンバーシップの数ある特典の一つは、動的なトレーニングプランにアクセスできることです。トレーニングプランには、モバイルアプリMapMyRunでメニューを開き「トレーニングプラン」というラベルのついたタブを選択することで、アクセスできます。

 

MapMyRunのトレーニングプランには全て次のような特徴があります。

  • パーソナル:どんな状態から始めるかにかかわらず、個人のフィットネスのレベルと目標に見合ったプランを作ることができます。
  • 動的:実際のランニングのレベルに常にフィットするように、プランはパフォーマンスと進捗状況に応じて絶え間なくアップデートされます。
  • ガイド付き:どのランニングも、音声コーチングの音声キューでご指導します。

ランニング用のトレーニングプランの作成

カスタマイズされたトレーニングプランを作成するに当たり、ランナーとしてのあなたについて、いくつかの事項を知る必要があります。

目標

5km、10km、ハーフマラソン、マラソン、さらに5km~50kmの任意の距離のランニング用のトレーニングプランをご用意しています。

      

プランのカスタマイズ

全てのランナーの第一日目から、プランをカスタマイズします。これを行うには、ランナーとしてのあなたについて、いくつかの事項を知る必要があります。

  • プランへの動機
    • より遠く ー 初めての5kmやマラソンレースに向けてトレーニングしたい場合
    • より速く ー 選択した距離のタイムを改善したい場合
  • 週間ランニング距離ーMapMyRunのアプリでランニングをトラッキングしている場合は、過去4週間の週間ランニング距離を考察します。そうでない場合は、数値を入力することもできます。
  • 現在のフィットネスレベルー最近のワークアウトやレースに基づいて

これらの知識により適切と思われる1~3個のプランを提示した上、あなたの目標とフィットネスのレベルに最も適するプランをお勧めします。

  

トレーニングのスケジュール

目標距離やランニングのレベルにより、プランの長さは一週間に3~6回のランニングで4週間から32週間と差があります。 5kmプランが一番短い一方で、マラソンプランには何週間も必要になります。 プランの開始日、レース日、平日のどの日にトレーニングするか、いつ長距離ランニングを行うかを選択することができます。

 

プランの構造

全てのプランには、それぞれの段階が1~8週間続く、4~5の段階があります。それぞれの段階には、スタート、距離を伸ばす、速度を上げる、持久力を改善する、レース日への準備、といった目的があります。

予定ランニング

ランニングの一つ一つが重要で、ランナーが目標に到達するのに役に立ちます。 短い楽なランニング、長距離ランニング、スプリント付きのランニング、テンポランニング、インターバルランニング、レースペースのランニング、または上記の組み合わせでお手伝いをします。

ランニング用のトレーニングプランを把握するには

カレンダー・ビュー

プランが作成されると、カレンダー・ビューで見ることができます。 今後数週間のトレーニングを簡単にブラウズしたり、過去数週間を見直して、どのトレーニングセッションを完了またはスキップしたか確認したりするのに役立ちます。 カレンダーではどのワークアウトでもクリックでき、詳細を見たり、ワークアウトをトラッキングしたり、既に完了している場合は記録したり、また右上隅の「編集」の下にある「予定」アイコンをタップすることでスキップの印を付けたりすることができます。

  

     カレンダー・ビュー          予定ワークアウト              完了ワークアウト

トレーニングのリマインダー

予定トレーニングのある日には、アプリからトレーニングをリマインドするプッシュ通知が送信されるので、ワークアウトのトラッキングが簡単にできます。

コーチング

予定ワークアウトの初めから終わりまで、音声コーチ機能がランニングを指導し、それぞれのインターバルをコーチしてくれます。 コーチがいつインターバルを開始すればいいかや、それぞれのインターバルの継続時間、目標のペースを教えてくれます。 セッションやインターバルの初めから終わりまで、コーチがインターバルの残り時間やスプリットのペースを教えてくれます。

      

動的なプラン

上達の早いランナーもいれば、予想以上にゆっくりのランナーもいます。 プランが最新状態にあり、プラン全体を通して確実にあなたのランニングのレベルに一致しているようにするため、完了したランニングからのデータを利用してプランを調整します。

  • 12分間のテスト:プランの2週目と6週間毎に12分間のテストを行うよう促されます。このテストはランニングのペースとレースタイムををキャリブレートするのに使用されます。
  • 週間距離の調整:毎週、一週間に走った距離を測定し、次週の距離を計算します。 プランに従っている場合、10%まで距離を増加します。 予定の90%未満しか達成していない場合は、次週の距離は増加させません。 この調整は、距離を伸ばし、ケガの危険性を減らすのに役立ちます。 予定された週間距離を超えることはお勧めしません。

他のトレーニング・アクティビティをスケジュールするには

ランニング用の動的なトレーニングプランに加え、筋金入りのランナーの80%がランニング以外のトレーニングも行っていることを知っています。

そこで、トレーニングカレンダーには(筋肉トレーニングだろうがその他のアクティビティだろうが)どんなタイプのトレーニングでもスケジュールできる、プランニング用のツールを設けています。 トレーニングをスケジュールするには、アクティビティタイプ、継続期間と/もしくは距離、日付と時刻、繰り返しのあるワークアウトかどうか、リマインダー通知がほしいかどうかを選択してください。

全てを一箇所に集めておけば、トレーニング全体のスケジュールを管理するのがより簡単になります。

その他のご質問がありましたら、ヘルプセンターの残りの記事を確認していただくか、こちらからサポートリクエストを送信してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
33人中20人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk