心拍ゾーンの分析

詳細な心拍数の統計と分析は、MVPメンバーシップに付いてくるたくさんの機能の一部です。 Bluetooth心拍数モニターとアプリのペアリング方法については、当社のヘルプセンターの説明をご覧ください

無料ユーザーは、ワークアウト時のグラフや、最大・最小・平均心拍数など、心拍数情報のいくつかにアクセスすることができます。ウェブサイトのワークアウトの分析欄でこれらのデータを見ることができます。 それぞれのスプリットをクリックすると、最大ペース、最大心拍数、平均心拍数を含む、スプリット一つずつのデータにアクセスできます。。ワークアウトの分析を行うと、モバイルアプリでも平均・最大・最低心拍数の情報を見ることができます。

MVP会員は、ワークアウト中にそれぞれの心拍ゾーンでどれだけの時間を過ごしたかの内訳を示す、心拍数トレーニングゾーンを閲覧できるなど、心拍数分析について更に詳細な情報が得られます。 これは、ワークアウトの概要の中で見ることができます。

心拍ゾーンに関する詳細情報については、以下をご覧ください。

ゾーン 1 – 軽度:

  • 最大心拍数の50~60%
  • 利点:血圧やコレステロールを下げる、低強度のプログラムやリカバリーに最適。
  • 消費カロリー:1分当たり3~7

ゾーン 2 – 中程度:

  • 最大心拍数の60~70%
  • 利点:減量やカロリー消費にお勧め、フィットネス初心者に最適。
  • 消費カロリー:1分当たり7~12

ゾーン 3 – 有酸素:

  • 最大心拍数の70~80%
  • 利点:有酸素やカーディオのフィットネスを改善、長距離に対する持久力の増加に最適。
  • 消費カロリー:1分当たり12~17

ゾーン 4 – 無酸素:

  • 最大心拍数の80~90%
  • 利点:有酸素のフィットネスや筋力を改善、筋肉増強のためにトレーニングしているアスリートに最適。
  • 消費カロリー:1分当たり17~20

ゾーン 5 – スピード/パワー:

  • 最大心拍数の90~100%
  • 利点:最大のパフォーマンスとスピードを改良、短時間で一気に行う激しいアクティビティに最適。
  • 消費カロリー:1分当たり20以上
 
最後の助言として、心拍数設定のセクションで誕生日が設定されていることを確かめるようお勧めします。 一般化された情報ではあるけれども、これでワークアウト中に心拍数がどの辺りにあるべきかのベース計算ができます。もっと個人的な心拍数測定値を得るには、医師か運動競技の専門家に相談するようにしてください。
  
その他のご質問がありましたら、ヘルプセンターの残りの記事を確認していただくか、こちらからサポートリクエストを送信してください。
この記事は役に立ちましたか?
35人中24人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk