Bluetoothセンサーのトラブルシューティング

当社は、さまざまなBluetoothやANT +のデバイスやセンサーと統合しています。 Bluetoothのセンサーとデバイスは、 iPhone 4S以降のiPhone、OS 4.3以降で作動しBluetooth Smart機能のある全てのAndroid携帯電話のみと接続できます。 心拍数モニターまたはデバイスのペアリング方法に関する一般の説明は、Bluetoothセンサーの接続方法のヘルプ記事を参照してください。

デバイスの接続にお困りの場合は、下記の指示に従ってみてください。 心拍数モニター、ストライドセンサー、速度・ケイデンスセンサー、動力計を含む、あらゆる種類のセンサーや(特にBluetooth付きの)ワークアウトデバイスの再接続に役立つはずです。

  1. デバイスのBluetoothがオンになっていることを確かめてください。
  2. Bluetoothがオンになっていることを確認した後もセンサーが接続されない場合は、MapMyアプリメニューの「アプリとデバイスの接続」セクションにある当該センサーにアクセスし、「ペアリング済みのセンサーを削除」をタップしてください。(デバイスが一度もペアリングされたことがない場合またはリストに載っていない場合は、このステップは無視してください。)
  3. 次に、iOSまたはAndroidのBluetooth設定にアクセスし、当該Bluetoothデバイスを携帯電話の設定からも削除してください。
  4. センサーがペアリングモードにあることを確かめてください。 確認するには、通常、デバイスの電源を完全に切ってから電源を入れなおし、デバイスがライトまたは何らかの音声または視覚プロンプトでペアリングモードにあることを知らせてくれるまで、電源ボタンを長押ししてください。 胸部ストラップ型の心拍数モニターには通例、ペアリングモード表示がないことにご留意ください。
  5. MapMyアプリから直接、センサーの再接続を試みてください。このプロセスは1~2分かかることがあります。
  6. うまくいかない場合は、携帯電話(と可能ならばセンサー自体)を再起動し、上記のステップを再度行ってください。 これにより、携帯電話がBluetoothの周波数で通信する際の全ての問題が解決し、センサーが検出されるはずです。
  7. 最後に、アプリを一旦削除し、Appストアから再インストールしてください。これにより、最新バージョンの使用を確実にすると共に、問題の元になっていたかもしれない一時的なファイルやキャッシュの消去も保証されます。

さらに、胸部ストラップ型の心拍計をご利用の場合は、コイン型電池の残量が少なかったり、切れていたりしないか確認してください。 CR2032のコイン型電池は、通常使用環境(一日一時間)で3~6ヶ月持つ傾向にありますが、(金属または水との接触により)心拍計が誤ってオンになったり、使用時以外に心拍数を検索していたりすると、電池が通常より早く消耗することがあります。

最後に、iPhoneがアクティビティ中の完全な心拍数データをトラッキングしない場合は、MapMyが位置情報とバックグラウンド機能にアクセスできているか確認する必要があるかもしれません。 これがオフになっていると、GPSトラッキングも不正確になる可能性が高くなります。

 

この記事は役に立ちましたか?
77人中11人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk