コースの作成

コース作成を始める際は、まず当社ウェブサイトのコースの概要をご一読ください。

コースを作成するには、まずルートが必要です。 既存のルートを選択することもできるし、新規のルートを作成することも可能です。 ルート作成方法の詳細については、ヘルプセンターのコンテンツをご参照ください。 下のスクリーンショットに示すように、ルートが選択されると、画面右上に「Create a Course(コースを作成)」というボタンが現れます。 こちらをクリックして、コース作成を始めてください。

コース作成画面から、緑と赤のスライダーを調整してコースの長さを適切なものにすることができます。同じようなコースが存在する場合は、画面の右側に表示されます。

作成が完了したら、コースに名前をつけて画面の右上隅にある「Next(次へ)」ボタンをクリックしてください。

コースを保存する前に、次の決まりに従っているか確かめてください。

コース作成のヒント

安全第一

人が危険に晒されるようなコースは決して作らないでください。交通量の多いエリアは避け、コースの終了地点は交差点から離して速度を落とすのに十分な時間を設けるようにしてください。

多くのアスリートに共通するように

多くの人と重なり合うような道路や小路の部分を選んでください。 例えば、橋にはいくつかの自転車道やランニングルートが繋がっていることがよくあります。 これらの自転車道やランニングルートをコースから省いて、共通する橋の部分だけを取り入れれば、このコースにマッチする人の数が増えます。

既存のコースと重複しないように

コース作成の際に同じようなコースが存在がする場合は、お知らせします。 重複させたり、過度に似通ったものを作るのは避けてください。 そうすることで、マッチングの問題が減り、みんなが同じコース上にいることが確実になるためコースに競争力を保たせることができます。

同じ道路での方向転換(往復)はしない

コースは一方向のみです。コースの一部だけが往復になっているロリポップ型のものも対象外です。create_course_1.png

コースが終了する前に到達してしまうような位置に終了地点を設置しないでください。コースの終了位置が、コースの他の部分と重なっていたり、近かったりしてはいけません。

 create_course_2.png

コース作成の基には、質の高いルートまたはワークアウトを使う

GPSの質が悪かったワークアウトを使ってコースを作成すると、その質の悪さがコースに反映し、マッチングが難しくなります。 ワークアウトの中で、休憩するのに立ち止まって再開した部分に注意してください。 これによりコースの長さが間違って追加され、速度のような統計が歪んでしまいます。

ループや繰り返しを自動で検出

街区や公園を周るコースを作成する際は、何周か分を測定したい場合でも一周分だけのコースを作ってください。 アプリがラップをトラッキングし、それぞれのラップタイムを測定して、一番速いタイムが確実にスコアボードに載るようにします。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk